アレクサンドラ マカレーヴィチ先生来札レポート

11月26日~28日までモスクワからアレクサンドラ マカレーヴィチ先生が来札されました。

26日は札幌到着早々、カノンホールでロシアの作品を中心とした素晴らしい演奏を披露して下さいました。先生の演奏はどの作品も音楽に対する自身のイメージや意志がしっかりと伝わるもので、音色使いも幅広く、時には先生の華奢な身体のどこからこのような重厚な響きが出るのだろうと思うような豊かな音色がカノンホールいっぱいに響き渡りました。

 

m3

 

当日、演奏されたプログラムは下記のとおりです。

チャイコフスキー 瞑想曲
チャイコフスキー ドゥムカ
スクリャービン  前奏曲Op.11-No.3 、No.4
ラフマニノフ   前奏曲Op.23-No.4
ラフマニノフ   楽興の時よりNo.6

 

2016-11-26

 

演奏の後には3名の生徒が公開レッスンを受講しました。
公開レッスンでは、ステージで演奏する際に会場の広さによってどのように間を取るか、表現したいことを客席にどのような表現や音色で伝えるべきかということ等をポイントをとらえながら分かりやすく示して下さいました。

 

m9

 

初日終了後にはスタッフと共に懇親会を行いました。通訳でお世話になりました藤堂様はモスクワ音楽院でピアノを学ばれた後、プーシキン大学でロシア語を学ばれた才媛。

 

m11

 

札幌コンセルヴァトワール講師陣と共に。今回もこんなに間近でロシアンピア二ズムに触れることができ、多くの刺激を頂きました。

 

m12

 

そして本日、28日は朝9時よりマスタークラスが開催され、6名の生徒達がマカレーヴィチ先生のレッスンを受講しました。

 

lesson4

 

どの生徒の演奏もまずは良い点を褒めつつ、必要な表現をするための音色の出し方や手首や指先の使い方などを分かりやすく教えて下さいました。

 

lesson2

 

マカレーヴィチ先生から「今まで札幌コンセルヴァトワールを訪れたモスクワ音楽院の先生方から札幌コンセルヴァトワールの生徒さん達は皆、とてもレヴェルが高く、良い音楽院だと聞いていたので、訪問できることを大変楽しみにしていましたが、本当に噂に聞いていた通りの素晴らしい学校と生徒さん達でした。札幌の風景もロシアと似ていて気に入りましたという嬉しい感想を頂きました。

今回のレッスンで学んだ体験を私達講師陣も日常のレッスンに活かして参りたいと思います。

札幌コンセルヴァトワールには、このように海外から一流のアーティストも訪れ、サロンコンサートやマスタークラスを直に体験することが出来ます。

このレポートを読まれてピアノ教室ににご興味を持たれた方は是非こちらのお問合せからご連絡下さい。見学、体験レッスンなど随時行っております。

その他、チェロヴァイオリンフルート室内楽声楽ソルフェージュリトミックの教室も指導経験豊かな一流の講師陣を揃えておりますので、お気軽にお越しください。

 

 

 

 

 

コメント