フルート教室

”フルートを吹く”ことを、難しいと思っていらっしゃいませんか?
ポイントをつかめば、優しく柔らかい音を、すぐに出す事が出来るのがフルートの魅力です。
フルートは、各個人の持っている、口の状態(唇の厚さ等)や腕や指の長さなどにより、”楽器のセッティングの際の微調整”、”楽器の口への当て方”、”持ち方(支え方)”が違ってきます。
生徒さんお一人お一人の状態を見極めながら、正しい基礎を身に着けて頂く事に重点を置いたレッスンが大切です。
お子様から大人の方まで楽しい指導を心がけています。flute

レッスン内容

1.レッスン回数/時間

週1回(40分)のレッスンが基本です。月2回、4回とご希望に応じて回数を設定可能です。
レッスン日はご相談の上、決めさせて頂きます。

グループレッスンもご希望があれば対応可能です。しかしこれまでの指導経験から特に初心者の方の場合、グループレッスンではよくない癖がついて修正に苦労することもしばしばですので、原則としては個人レッスンをお勧めします。

また室内楽としてのフルートレッスン(フルートアンサンブルやフルートと他楽器とのアンサンブルレッスン)もご希望に応じて行っております。

2.レッスン日

水・木・金曜日

上記に記載されていない曜日に関しましても対応できる場合がございますので、ご相談ください。

3.使用する教本
フルートの初心者の方は、「アルテフルート教則本 第1巻」(JFC版)という教本を使用致します。これは、ピアノで言えば”バイエル”の様なもので、奏法の基礎を習得するために”必須”な教本です。
「アルテ」で基礎を学びながら、それと並行して各々の生徒さんに合った「自由曲」を選び、楽しみながらレッスンを進めます。

フルートの各種楽譜はフルート専門店の”ムラマツ楽器新宿店の楽譜サイト”から検索する事が出来ます。海外版も含め、ありとあらゆるフルートの楽譜が入手可能です。

4.大人の方と子供の方のレッスン内容
大人の方も子供の方も、初心者の方は教本「アルテ フルート教則本第1巻」から始めます。
アルテフルート教則本 第2巻」まで行い、E.ケーラーのエチュード等に進みます。
初心者以外の方でしたら、既にお持ちのエチュード及び自由曲でレッスンをしています。

「自由曲」に関しては、初心者の方は”やさしい旋律の曲”を取り入れますが、もし、クラシック以外の曲(ポピュラーなど)を希望される、或は学校の”ブラスバンドのコンクールの曲”のレッスンを望まれる場合など、ご希望の曲もレッスンに取り入れております。

5.フルートのサイズ
フルートは弦楽器の様な、”分数楽器”がない為、通常の大きさの物(長さの物)は、身長が140㎝以上の方(小学校4年生位から)が持つことが出来ます。
近年、”頭部管部分がU字型”になった長さを短くした楽器も販売されており、低学年のお子様や小柄な大人の方でも、フルートを楽しむことが出来ます。

6.楽器の購入
当音楽院では、楽器をお持ちでない方に、”体験レッスン時”に楽器をお貸しております。(通常サイズをその時間帯のみ)

ご購入の場合は、取引先との提携があり、通常より割引価格でご提供させて頂いております。
また、メーカーによって”楽器の特徴”(歌口のカットなど)が違うため、各個人に合った楽器を選ぶ際は”試奏”が必要です。
ご自身での選択が難しい場合、講師が一緒に立ち合い、選択のお手伝いをさせて頂いております。

レッスン料金

月2回(6,000円)、月4回(10,000円)です。

*入会金:5,400円(入会時のみ)。教室使用料:500円/毎月。
*楽譜など教材費は月謝に含まれておりません。
*レッスン料金は消費税別となります。

入校方法

お電話(011-822-6984)またはフォームにてご連絡下さい。無料見学、無料体験レッスンがございます。ご質問も大歓迎です。

講師紹介

吉田 玲子 Reiko Yoshida  

札幌コンセルヴァトワール フルート科専任講師

image

北星女子短期大学卒。1987年札幌新人演奏会に出演。フルートを小松昭吾、細川順三、森圭吾、中山耕一の各氏に師事。アラン・マリオンマスタークラス受講。現在、札幌音楽家協議会会員、札幌フルート協会理事。川越守記念 北海道交響楽団所属。

エレガントで優しいレッスンは生徒からも評判が高い。又、その美声は札幌コンセルヴァトワール発表演奏会でのアナウンスに欠かせない存在となっている。

吉田玲子先生の演奏動画

現代奏法を駆使した新曲、日本の童謡「花嫁人形」の主題による変奏曲をお楽しみください。

Reiko Yoshida – Dai Yoshida : Variations on a theme of "Doll of the Bride" – 吉田玲子
スポンサーリンク
Dr.Cloverをフォローする
札幌コンセルヴァトワール公式ブログ