札幌コンセルヴァトワール チェロ科・室内楽科講師に札響首席チェリストの石川祐支氏が就任致します

札幌交響楽団首席チェリストの石川祐支先生が札幌コンセルヴァトワールのチェロ教室、室内楽教室の講師に就任することが決定しました。

チェロを学ぶ方には、現役の超一流チェリストから直々に指導を受けられる最高の環境が札幌コンセルヴァトワールに実現することになります。

室内楽に興味のある方にとっても、本物のチェロの音色に触れながら室内楽の神髄を会得できるまたとない機会です。室内楽科はピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、フルート等の基本的な演奏ができる方が対象となります。

ご興味のある方はお気軽にお問合せからご連絡下さい。詳細を折り返しご連絡差し上げます。

Ishikawa

石川 祐支 Yuji Ishikawa

1977年生まれ、名古屋市出身。
8歳よりチェロをはじめ、東京音楽大学へ特待生として進学、同大学を首席で卒業。
同時に優れた演奏家に贈られるNTTDoCoMo賞をはじめさまざまな奨学金を得る。
その後は、より高いレベルの演奏を追及するため研究科へ進み、2001年に研究科を終了。これまでに松下修也、林良一、故星野明道、吉田顕、河野文昭、堀了介の各氏に師事。
現在は、ソロ、室内楽を初めオーケストラの分野でも幅広い活躍を繰り広げている。
1998年第8回日本室内楽コンクールで第2位入賞、1999年には第68回日本音楽コンクールで堂々の第1位(第2位該当なし)を獲得、併せて黒柳賞も受賞する栄冠に輝いた。
同年岩崎淑氏主催の沖縄国際音楽祭1999とイタリアのシエナで夏季に開催されるキジアナ音楽院との交換留学生として奨学金を得て、マリオ・ブルネロ氏に学ぶ。
2002年5月第8回大垣音楽祭において最優秀新人賞を受賞。
これまでにセントラル愛知交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団、札幌交響楽団とコンチェルトを協演しいずれも好評を博している。
2003年4月から2005年1月まで東京交響楽団首席チェリストとして活躍。
2005年4月より札幌交響楽団首席チェリストに就任。
2010年には、北海道銀行より「道銀芸術文化奨励賞」を受賞。
2014年12月には、2013年10月に行われたラドミル・エリシュカ氏指揮、札幌交響楽団の定期演奏会で共演したドヴォルジャークのチェロ協奏曲のCDがリリースされた。

石川祐支オフィシャルブログ

コメント

  1. 宮澤功行宮澤功行 より:

    石川さん札幌Conservatoire????をよろしくお願い申し上げます。
    石川さんの音楽性と音楽活動に大いに期待し応援をさせていただきます。
    石川さんの就任で私も室内楽をしたくなってきました。

  2. アバターMizue Tanase より:

    本当にビッグニュースに大変驚きました。
    札幌のピアノ教室札幌コンセルヴァトワ―ルで学ぶ子供達の音楽的な広がりに期待いたします。石川様これからどうぞよろしくお願いいたします。

  3. アバターБорщ より:

    素晴らしいニュースに感動しております。チェロを学ぶ方をはじめ、大変重要な室内楽を学べる生徒さんたちにとって、石川先生にお教えいただけるのは一生の財産となりましょう。ご就任、誠におめでとうございます。