第11回日本バッハコンクール全国大会で菊地英介さんが金賞受賞!

2月13日(土)王子ホールで開催されました第11回日本バッハコンクール全国大会中学A部門において菊地英介さん(中2:宮澤陽子先生に師事)が金賞とインヴェンション第4番ニ短調 BEV775の演奏に対するベスト賞を受賞しました。

賞状を手にする菊地英介さん

菊地英介さんはお姉様の菊地亜優音さん(昨秋よりウィーン留学中)のレッスンについて赤ちゃんの頃から札幌コンセルヴァトワールに通われています。

菊地さんから受賞のコメントを頂きました。

「昔からちょくちょく全国大会には出場していましたが、納得できる賞はあまり貰えていませんでした。今回バッハコンクール全国大会に出場することが決定し、今回こそは何かいい賞が貰えるようにと練習しましたが、直前に階段から転倒して手首にヒビが入ってしまい、一時期はピアノを触ることすらできなくなっていましたが、本番では、中学生らしく堂々と弾くことができ、結果は金賞ということで中々良いものとなり、嬉しかったです。今年は更に上のレベルを目指して頑張って行こうと思うので、悔いの無いように頑張りたいと思います。」

皆様も札幌コンセルヴァトワールで一緒に音楽を楽しんでみませんか?
札幌コンセルヴァトワールにはピアノ教室バイオリン教室チェロ教室フルート教室声楽教室室内楽教室リトミック教室ソルフェージュ教室がございます。またサロンコンサートや楽器を思い切り練習されたい方にはレンタルスタジオもご利用いただけます。
ご連絡はこちらのお問合せ 、もしくはTEL:011-822-6984で常時承っております。

コメント