小川巧真ピアノリサイタルのお知らせ♪ 自主リサイタルをしてみませんか?

札幌コンセルヴァトワールに在籍中の小川巧真さん(北海道大学在学中)が、11月26日(日)にカノンホールで自主企画のピアノリサイタルを開催します。
 
17時から開演の予定が、なんと大好評でチケットは早々に完売!
急遽、同日に同じプログラムで13時30分からも追加公演を行うことになりましたが、こちらのチケットもすでに完売となりました。
そこで、今回の主役、小川巧真さんにインタビューを行い、このコンサートの人気の秘訣を探ってみました。
 
1.札幌コンセルヴァトワールに通い始めて何年になりますか?印象深い出来事や体験などがあれば教えてください。
6歳から通っているので15年程になります。毎回のレッスンはとても素晴らしく印象に残るものですが、それ以外では、ロシアに連れて行ってもらった事や、今年の石川国際コンクールに宮澤先生に応援に来てもらった事などが特に印象に残っています。
 
2.今回、自主リサイタルを企画してみようと思ったきっかけを教えてください。
宮澤先生にやってみないかと背中を押してもらったのがきっかけでした。ソロリサイタルをやるのが夢だったので嬉しかったです。
 
3.今回このプログラムを選択した理由
今回は、自分が一番好きな時代であるロマン派の曲で構成し、ロマン派の中でも、クラシックをよく知らない人でも知ってるような有名な曲も多く取り入れました。
 
4.集客などはどのように行いましたか?チラシの制作もは自分で行ったのですか?
集客は自分の友達、先輩後輩に買ってもらいました。こんなに沢山買ってもらえて自分も驚きです(笑)。チラシは業者の方にお願いしましたが、チケット等は親が作りました。
 
 5.今後の目標をきかせてください。
先月、コンセルヴァトワールに来てくださった中村天平さんに感銘を受けて、コンポーザーピアニストというジャンルに物凄く興味を持ちました。今後は、クラシックの曲は勿論の事ですが、自作の曲で自分の音楽をみなさんに表現できるような人間になれたらと思っています。今回のリサイタルの最後には、自作の曲を演奏しようと思っています。まだ作曲は初心者なので未熟ですが楽しんでいただけると嬉しいです。
 
インタビューをしてみて、質問に対する回答が速く、丁寧に答えて下さるのが印象的でした。ご家族や先生方のサポートはもちろんですが、チケットが2回とも売り切れるほどの友人達に恵まれていることも小川さんの人徳を表しているような気がします。また、チケットの値段設定も一般1000円、学生は500円と聴きに来やすい料金であること、プログラムも魅力的な内容であることも満員御礼となった秘訣なのかなと思いました。
 
小川さんの指導者でもあり札幌コンセルヴァトワール院長の宮澤功行先生からこのコンサートに向けてのメッセージをいただきました。
 
「 巧真くんは山下 聡先生の秘蔵の生徒で幼少の頃から音楽的な才能を発揮していました。

ご両親からの深い愛情を注がれて育ったゆえ、中々乳離れが出来なかった巧真くんでしたが、モスクワや高知県への音楽研修旅行にお連れしたあたりから変わり、今では全く別人に変身。現在、音楽的にも急成長中です。
ピアノ以外の勉強も大変な中でリサイタルはまだ早いとの声もありましたが、失敗を恐れていては生涯リサイタルは開けないと思い勧めました。今回の挑戦でつかんだ音楽的な世界は彼にとっての別天地ですから今後の飛躍が楽しみです。応援よろしくお願い申し上げます。」
 
札幌コンセルヴァトワールでは生徒さんの自主企画コンサートを応援しています。在学中の生徒さんは内部価格で他にはない格安料金でカノンホールを利用できます。また、一般にもカノンホールやスタジオの貸し出しを行っており、これまでも小川さんが刺激を受けたという中村天平さんのリサイタルをはじめ、様々なイベントが行われてきました。
 
お友達を集めてサロンコンサートや個人教室の発表会等、やってみたいけれど一般のホールは高すぎるし会場も広すぎて・・・という方は是非カノンホールをご利用ください。
ご希望の方はこちらのお問合せへのご連絡をお待ちしております。
 
今回の記事を読んで、私も小川さんと同じ音楽院でピアノを習ってみたい!!と思われた方もいるかと思います。そのような方もこちらのお問合せへご連絡下さい。
また。札幌コンセルヴァトワールではピアノ教室だけでなくバイオリンチェロ声楽フルート室内楽リトミックソルフェージュの教室でも一流の講師が質の高いレッスンを行っております。是非、一度ご見学、体験レッスンにいらしてみてください。

コメント