♪病院コンサートレポート♪

9月4日(月)、江別市立病院で札幌コンセルヴァトワールピアノ教室専任講師の皆川直美先生、元専任講師の筒井(旧姓:阿部)志津先生による院内コンサートが開催されました。

このコンサートは、病院のボランティアの方々が、患者さん始め、普段なかなかコンサートへ行けない方々も楽しめるようにと年3回企画されているものです。

45分のコンサートの中でクラシックの名曲やディズニー、ジブリ、童謡など耳馴染みのある作品が沢山演奏されました。
 
愛の挨拶 エルガー
動物の謝肉祭より「かめ、ぞう、水族館、白鳥」 サン=サーンス
星に願いを ディズニー
ジブリメドレー
ハンガリー舞曲5・6番 ブラームス
リベルタンゴ ピアソラ
糸 中島みゆき
赤とんぼ 山田耕筰
 
プログラムの最後には会場の皆様にも歌って頂きながら「ふるさと」を演奏したそうです。
 
 
今回、演奏した2名の講師から病院コンサートの感想をいただきました。
 
『闘病中の患者さんが一生懸命聴いて下さったことに感激でした。又、お客様の温かさが伝わって来て、私達も癒やされる思いで演奏させて頂きました。
 
当日、聴いて下さったお客様からは「心に残る演奏を聴かせていただいて有り難うございました。」「素晴らしい演奏聴かせていただいてありがとうございました。なぜか聴いていると涙が出てきて…」など、嬉しい感想をいただきました。

 
リベルタンゴでは手拍子をお願いして、お客様にも一緒に盛り上がっていただいたりもしたのですが、後半演奏した「糸」では、涙を流された方もいたそうです。
 
反省点は沢山ありますが、少しずつでもこういった活動を続けて行けると良いなぁ…と思っています。音楽を学んでいて良かったです。』
 
写真からも、お客様が2階まで溢れ、演奏に聞き入っている様子が伝わります。
 
 
札幌コンセルヴァトワールではこれまでも、病院をはじめ、幼稚園、老人施設、パーティー・イベント、レストランなどでの演奏を精力的に行なってきました。こちらは2月に行われた幼稚園でのコンサートの様子です。
 
 
出張コンサートはピアノバイオリンチェロフルート、室内楽等、様々な楽器での対応が可能ですので、ご要望の方はこちらのお問合せにお気軽にご連絡ください。