筒井(旧姓:阿部)志津先生が復帰しました!

札幌コンセルヴァトワール ピアノ教室で長年指導にあたり、生徒さんやご父兄からの信頼も厚かった筒井志津先生が、ご主人の転勤に伴い、5月より札幌コンセルヴァトワールの講師として復帰致しました。

 

筒井先生からメッセージを頂きました。

「この度札幌に戻り、札幌コンセルヴァトワールに復帰出来ますことを、大変嬉しく思っております。沢山の刺激ある素晴らしい環境で、私自身も日々努力を重ねながら指導に携わって行ければと思います。生徒の皆様に、ピアノを習って良かった!音楽が大好き!と言ってもらえますように…。どうぞよろしくお願い致します。」

筒井先生にまたピアノを習いたい!という方や、これから筒井先生にピアノを教わってみたいという方は初心者から上級までどなたでも歓迎いたします。体験レッスンや入会のお申込みはこちらのお問い合わせまでご連絡ください。

♪筒井志津先生 プロフィール♪

釧路市出身。幼少の頃よりピアノを始め、札幌コンセルヴァトワールにて研鑽を積み、各種子供コンクールにて上位入賞(全国大会1位含む)。アメリカ・ジーナバッカウアー国際ピアノコンクールにてエキシビション演奏会出演。1992年より、ブリュッセル王立音楽院入学。同音楽院ピアノ科、室内楽科プルミエ・プリを首席、ピアノ科最高課程をガイオ賞受賞、室内楽科最高課程をグランド・ディスタンクションにて卒業。マティルド・オルレ・ダプサン室内楽コンクール第2位。1998年の帰国以降、日本各地にてソロ、室内楽、伴奏などの演奏活動を開始。2003年、札幌コンサートホール(kitara)にて、ブリュッセル弦楽四重奏団と共演。ROYCE’社のテレビCMの演奏を担当。2011年、村井祐児氏(クラリネット)、札幌交響楽団メンバーと共演。毎日こどもコンクールにおいて優秀指導者賞受賞。PTNAピアノコンペティションにおいて指導者賞歴3回。PTNA審査員を務める。 これまでに、ピアノを渡辺孝子、宮澤功行、山下聡、ジャン=クロード・ヴァンデン・エインデンの各氏に師事。室内楽をセルジュ・ベーマン氏に師事。

コメント