ピアニスト 宮澤むじか(講師)

musica's profile

3歳より札幌コンセルヴァトワールにてピアノを始める。

藤女子中学、高等学校卒業後、渡仏しエコールノルマル音楽院に入学。 ピアノ科、室内楽科、ピアノ科の演奏家ディプロマを全て審査員満場一致で 取得し卒業。これまでにピアノを上杉順子、宮澤功行、マリアン・リビツキー、ジャン・ファシナの各氏に、室内楽をセルジュ・ブラン、ニーナ・パターチェックの各氏に学ぶ。

1993年、ザグレブ国際ピアノコンクール優勝、及びクロアチア人作品最優秀演奏者賞を受賞する他、第15回ポルトー国際コンクール入賞、及び最年少ファイナリスト賞受賞。

帰国後はハーモニーレーベルより2枚のCDをリリースし、CD発売記念として東京サントリー小ホール、東京カザルスホール、札幌キタラ大ホール等でリサイタルを開催。2枚のCDはいずれもレコード芸術誌において準特選盤に選出された他、各音楽誌でも高い評価を得ている。 DVD「MUSICA Anniversary」も好評発売中。

近年は札幌を拠点に日本各地、フランス、ベトナム、ロシア等、海外でも演奏活動を行う他、日本舞踊家の藤間蘭翔や華道家の假屋崎省吾とのコラボレーションステージなども展開している。 2010年11月には在日ベルギー大使館にて皇后陛下ご臨席の下、演奏を行う。

尚、これまでにブリュッセル弦楽四重奏団、ヴィルタスクワルテット、ザグレブ国立放送交響楽団、ポルトー国立オーケストラ、キエフ交響楽団、ワルシャワフィルハーモニー管弦楽団等と共演。 現在、札幌コンセルヴァトワール専任講師。

宮澤むじか演奏動画

Musica Miyazawa Plays Schubert/Liszt Gretchen am Spinnrade
Musica Miyazawa plays Francis Poulenc : Les chemins de l'amour – 宮澤むじか
Musica Miyazawa plays Francis Poulenc : Les chemins de l'amour – 宮澤むじか
Musica MIYAZAWA – Chopin Waltz Op.70-No. 3
Musica MIYAZAWA – Liszt Consoloation No.3
Musica Miyazawa plays Haydn Piano Sonata No.54 in G major Hob XVI 40 – 宮澤むじか
Musica Miyazawa plays Maurice Ravel Oiseaux tristes and alborada del gracioso from Miroirs – 宮澤むじか
Musica Miyazawa Plays Grieg's Vals from Lyriske stykker No.2 宮澤むじか

看護学校の校歌を作曲、演奏しています。

三草会 札幌看護専門学校校歌

Trio de Paris演奏動画

Londonderry Air – ロンドンデリーの歌
Londonderry Air – ロンドンデリーの歌
Trio de Paris – 夕焼け小焼け

発売中のCD/DVD

クラッシック界が高く評価するピアニスト「宮澤むじか」待望のDVDアルバム。
札幌コンサートホール“Kitara”でのコンサートで、皆様から絶賛の声を頂きました日本舞踊とのコラボ「天極天祭」も収録された1枚。


溢れるばかりのイマジネーションと色彩感覚。パリで培った表情豊かな音楽性がここに開花! ** レコード芸術 準特選盤 ** 収録楽曲詳細はコチラ

MOZART & SCHUMANNM
musica_mozart_schumann

モーツァルトに示された彫りの深い表現

ロマンティックで詩的な情感を美しく浮かび上がらせたシューマン

きわだったMUSICAの才能が輝く。

レコード芸術 準特選版

非売品CD

パリ・エコール・ノルマル 卒業記念演奏会

musica_ecole_cd

 

 

 

パリ・エコール・ノルマル音楽院での卒業記念演奏会を収録(非売品)。

Piano Recital 
musica_cd_01

パリ留学前、高校生の頃に行ったリサイタルのライブ録音。

スポンサーリンク
Dr.Cloverをフォローする
札幌コンセルヴァトワール公式ブログ