返信先: ????疾風怒涛の教育とは⁇

ホーム フォーラム おしゃべり広場 ????疾風怒涛の教育とは⁇ 返信先: ????疾風怒涛の教育とは⁇

#3327
宮澤功行
モデレーター

《疾風怒濤の教育 その後(夢 3)》
『宮澤先生が海外で演奏した中で特に印象に残っている演奏会は⁉️』と尋ねられ様々なヨーロッパでの演奏会が脳裏を駆け巡りました。
真っ先に浮かんできたのはBeethovenが交響曲3番「英雄」、5番「運命』、6番「田園」等を献呈したロボコヴィッツ侯爵の宮殿でシュターミッツ弦楽四重奏団とドボルザークのピアノ五重奏曲を共演し,プラハで超満員のお客様に恵まれた幸せを感じた瞬間の演奏会です。
《掲載写真はPraha城とロボコビッツ宮殿の演奏会をした広間です。》
宮殿はPraha城の直ぐそばにありますがBeethovenがプラハ滞在の住まいは日本大使館のそばにありカレル橋から階段を降りて見上げると外壁にBeethovenの顔が浮き彫りされています。
此れを皮切りにチェコやベルギー各地で演奏したのは今でも懐かしい想い出です。
特にブリュッセル王立音楽院ホールで演奏したBrahmsは聴衆に鮮烈な印象を与えた演奏会として今なお私の記憶に蘇ります。
国内でも著名な外人演奏家との共演に恵まれヴァーレーズ(Paris国立交響楽団のコンサートマスター)やアメリカのクリーブランド弦楽四重奏団などからは共演後,一緒に欧米で演奏しようとの誘いを受けました。
この頃,札幌Conservatoire????を創設したばかりにつき海外での共演は断らなければならず今でも残念に思っています。
それでも札幌のpianistが東京を経ず札幌から真っ直ぐヨーロッパ各国で演奏したのは初めてな事で今でも快挙だと思います。
ところで昨日,札幌で最もレベルが高いアマチュアオーケストラHARUKAとキタラ大ホールで札幌Conservatoire????の????????Musica先生がピアノ協奏曲を共演し大成功を収めました。
このBlogの読者なら既にご存知の通りベルリンフイルやウイーンフイルなど世界最高峰のオーケストラは賞に納得性があり,その才能を大指揮者(カラヤンなど)が認めた場合,若干12歳の「ムッターやキーシン」等の少年・少女にもピアノ協奏曲のチャンスを与え世に出します。
これは世界的なオーケストラの懐の深さ度量の厚さを感じさせる事業として大衆の共感を得ています。
しかし残念ながら札響には「どさんこワイド」の中山君の様に難関コンクールで全国一位を受賞した才能に対してもこの様な機会を与えた事はありません。
又,生徒で(札幌&北海道出身のピアニスト)達が国際コンクールで優勝し既に海外の名門オーケストラとピアノ協奏曲を共演しているにもかかわらず、それに対して札響がチャンスを与える事は皆無です。
誰がどの様にソリストを人選しているのかは解りませんが多年に渡り偏向している事を強く感じています。
例えば????????Musica先生が是までにオケと共演した曲は《Mozartの戴冠式,????Chopinの1番と2番とRavelのピアノ協奏曲,サンサーンスの2番,3番,シューマン、メンデルスゾーン、ショスタコービッチのピアノ奏曲》など多数。
共演したオーケストラは《ザグレブ管弦楽団、オーケストラHARUKA、北大オーケストラ,北海道オーケストラ,アルシュ室内管弦楽団、キエフ国立交響楽団、ワルシャワ国立交響楽団、Moskva交響楽団etc。》にもかかわらず故郷であり地元の札響との共演は未だに皆無です。
たとえプライドが強いプロオケでも普通ならこの実績で充分共演のチャンスが与えられます。
幸い娘は既に東京へ嫁いでいますので共演は無くても全く構いませんが,ソリストの人選が巷の勢力の「私への当て付け,嫌がらせ」ならば生徒達への被害は甚大でこれからも続いていくことになります。
私は中山君の様な逸材と共演する度量を持ち合わせてこそプロオケの存在意味があると思っていますが、、、。
札響のソリスト人選と札幌市の賞に「世界での活躍・活動」がスッボリ抜け落ちている今の人選を改めるか人選の仕組みを変えない限り旧態然とした札幌の音楽界は変わりようがないと感じています。
次世代を担う人達には(時代を変え新しい未来を築く気概としての疾風怒濤)を期待したいと思っています。