返信先: フリートーク

ホーム フォーラム おしゃべり広場 フリートーク 返信先: フリートーク

#3641
makiko
モデレーター

皆さんこんにちは!!
今日の札幌はただいまの気温17℃。
絶好なよさこいソーラン祭り日よりです。
街中のいたるところでソーラン節が鳴り響き盛り上がっています。

1881年6月11日、ベドルジハ・スメタナ作のチェコ語による3幕のオペラがプラハ国民劇場のこけら落としで「リブシェ」が初演されました。指揮者はアドルフ・チェフ。
作者自身によって、slavnostní zpěvohraという肩書が与えられて、リブレットは、前作『ダリボル』と同じく、ヨゼフ・ヴェンジック(チェコ語版)によってドイツ語で書かれ、Ervin Špindlerがチェコ語に翻訳されました。

リブシェとは、チェコの伝説に登場する女性で、伝説では彼女の予言によってプラハの歴史が始まったとされいます。
このオペラの作曲は1871年から1872年にかけて作曲され、元々オーストリア=ハンガリー帝国皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の戴冠式のために作曲されたましたが、実際に戴冠式に使われることはなく、プラハ国民劇場のこけら落としのために、スメタナはこの曲を温めておいたといわれています。
プラハ国民劇場が火災で焼失し、再建された1883年11月18日の再開場時もリブシェが最初に上演されたそうです。

さて久しぶりの今日の言葉

人の功を記し、人の過を忘る(前漢書)

スポンサーリンク
makikoをフォローする
札幌コンセルヴァトワール公式ブログ